Organic Food Meister Course

今こそ「ほんもの」の
食の知識が必要です。

ONLINEで開講

「オーガニック」という言葉やニーズがどんどん広まっていく中、オーガニックの本質を理解している方はどれだけいらっしゃるのでしょうか?
今こそ本当の知識を身につけることが大切です。
食品倫理=Food Ethicsの観点から、継続可能な人類の食の在り方、食を取り巻く様々な生活様式の在り方までを包括して、具体的に提案していきます。
オーガニックフードマイスターに関連する講座やイベントに参加した方は、「CC’Teikei(オーガニック食材の提携購入システム)」に参加できます。

※オーガニックフードマイスター、オーガニックフードオーガナイザー、フードシチズンはすべて商標登録中です。

Definition of  “Food”

“food”の定義

any nourishing substance that is eaten, drunk, or otherwise taken into the body to sustain life, provide energy, promote growth, etc.
栄養のある物質で、食べたり、飲んだり、または体内に吸収できるもの。生命を維持したり、エネルギー補給したり、成長を支えるもの。

Webster 英英辞書より

Course

オーガニックフードマイスター® Basic

オーガニックフードマイスター®Basic資格

2024年7月14日(日)
この後9月・12月にも開講予定です。

1回

個人参加 22,000円(税込) 法人参加(10人まで) 55,000円(税込)

資格取得後、毎月1回60分程度、1年間12回配信されるセミナーを受講することができます。
セミナーでは、毎月の旬の農産物の原産地情報、栽培について、利用の仕方について/オーガニック農産物を取り扱うために必要な知識(緑の革命と農薬、化学肥料、品種改良、硝酸態窒素、遺伝子組み換え、F1種、ゲノム編集、ゲノムドライブ、大量調理マニュアル、添加物、消毒と殺菌、公害とオーガニック普及活動、環境問題、など)の講座を行います。

オルター千早赤坂センター(本社)
〒585-0044 大阪府南河内郡千早赤阪村大字森屋962-1
またはオンライン講座

山本 朝子

オーガニックフードマイスター® Advanced

オーガニックフードマイスター®Advanced資格

次回開催日程調整中

1回

未定

京丹後市弥栄町 ビオ・ラビッツ株式会社他

山本 朝子

Curriculum

タイムスケジュール(Basic)
プロローグ講座
[前日録画配信]主催者メッセージ「1000年後の未来をつくるために」

10:00〜11:00
環境破壊の現状 (環境省ホームページより)エコチル調査とPRTR 法 ネイチャーポジティブの損失

11:15〜12:15
日本の農林・水産業の現状 有機農業とは? (農林水産省ホームページより)河川、湖沼、地下水の汚染 (陸水学会からの報告より)

12:15〜13:30
ランチセッション
オーガニックレストラン・オーガニック給食認証経営オリエンテーション

12:15〜13:30
気候の変貌 新地質年代に? 脱炭素社会に向けての考察(カーボンニュートラル/ゼロミッション)

14:45〜16:00
Basic講座サマリー 進化の歴史から考察する「環境汚染」

エピローグ講座
[翌日録画配信]Take Action 何をSDGsとすべきか? 提携の勧め
Video Study
オーガニックフードマイスター®ができること

ツアー・タイムスケジュール(Advanced)
Day1
09:50 京都駅集合(10:00出発)
10:05 アドバンスセミナー1(バス車中にて 講師:山本 朝子)
 ● 私たちの目指すもの→具体化したCSA(Teikei)
11:30 京丹後市弥栄町 ビオ・ラビッツ株式会社に到着
 ランチ(オーガニック料理を味わう)
14:00 農作業体験(オンライン参加の方には、ライブ配信はできませんが、後ほど録画でご覧いただけます)
 ●私たちが食べるものを作る
16:00 アドバンスセミナー2(畑にて/講師:ビオ・ラビッツ株式会社 代表取締役 梅本 修)
 ●土と生きる、菌と生きる
18:00 ディナー(オーガニック料理を味わう)
19:00 プレゼントセミナー(講師:有限会社リボーン 代表取締役 壹岐 健一郎)
 ●人生が変わるツアーを企画して幾年
 ● オーガニックフードマイスターのためのシリーズツアー紹介
20:00 ホテル(KISSUIEN)へ移動
懇親会

Day2
08:00 ホテル出発
08:30 モーニング (「LINKU(多目的施設)」でビオ・ラビッツの食材を使ったかんたんな朝食を一緒に作ります)
09:30 アドバンスセミナー3(講師:法政大学名誉教授 小川 孔輔先生)
 ●GlobalからLocalへ
11:00 ランチ(ビオ・ラビッツの食材を使った昼食を一緒に作ります)
12:00 アドバンスセミナー4(講師:JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)理事長 高橋 勉)
 ●緑の食糧システム戦略を希望の未来へ
14:00 琴引浜へ散策 →  ビオ・ラビッツショップでお土産ショッピング
16:00 アドバンスセミナー5(バス車中にて 講師:山本 朝子)
 ●Take Action! CC’TEIKEIを拡げ、フランスAMAPとの提携を!
18:00 京都駅到着 解散

※オンライン参加の場合、バス内のオンライン講座は実況中継できない場合があります。その場合は、テキスト配信と音声データだけの配信となります。

Lecturer

山本 朝子

山本 朝子

Yamamoto Asako

大阪大学外国学部英語学科卒(旧大阪外国語大学)
Beyond Organic株式会 会長/Organic CC’Cooking & Diet School 会長/山本朝子プロダクション 会長/
安心・安全な食「オルター」顧問/オーガニック給食コンサルタント

お菓子づくりを今田 美奈子氏に、世界各国料理の基本と家庭懐石料理を田辺
哲子氏に学ぶ。1999年よりアトリエ・グリーンゲイブルズを主宰。「赤毛のアンを原書で読む会」をベースに、ありのままの自然に寄り添う「衣・食・住」の提案を始め、野の草花によるフラワーアレンジメント教室、手縫いのクラフト教室などを開講。食部門においては徹底して安心・安全を追求しながら、アレルゲンフリー&シュガーフリーレシピを豊富に展開。悩みを抱える多くの主婦が通うようになり、2004年、医学博士 吹野 治氏に顧問医を依頼し、CC’Cooking&Diet(Cultural Cretives Cooking & Diet)Schoolを立ち上げる。以降、アトリエのみにとどまらず、オーガニックコンサルタントとして国内外を飛び回る日々を送る。穀物粒を水中粉砕することでパンやケーキ、クリームやルーベースを作り出す特許を取得しており、2019年、この特許による調理法を普及するためにグレインズイニシアティブ(特定非営利活動法人)を設立(現在はBeyondOrganic株式会社の一部門として存続)。

著書に、「アレルギー対応 簡単おいしいごはん」(グラフ社)、「ミキサーで創る発芽モード玄米・雑穀レシピ」(パッションワークス社)、「アレルギーっ子の安心レシピ大百科」(家の光協会/共著)がある。

Guest Lecturer

高橋 勉

高橋 勉

Takahashi Tsutomu

1967年埼玉県生まれ
JONA(NPO法人 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)理事長

2000年よりJONAで勤務開始、世界中の有機農場をめぐる。2011年JONA理事長に就任。「自然と融和した生活」を夢見て、風土に根差したオーガニックライフの普及を目指す。2018年から、有機農業の日(12月8日)事務局長に就任した。
JONA(ジョナ:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(NPO法人))とは、「有機農業を推進し有機食品を普及することを目的に設立されたNPO法人です。 有機農業者や製造業者のほか、流通業者、消費者 等がメンバーとなり、会の目的を達成するために、多岐にわたる業務を展開しています。」

小川 孔輔

小川 孔輔

Ogawa Kosuke

作家
法政大学名誉教授

マーケティングが専門で、特に花屋を研究している。
1974年東京大学経済学部卒業。78年同大学院博士課程中退。1982年~1984年米国カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。1976年法政大学経営学部研究助手、77年専任講師、79年助教授、86年教授。イノベーション・マネジメント研究科教授。

古佐小 基史

梅本 修

Umemoto Osamu

ビオ・ラビッツ株式会社代表

『オーガニックスタンダード』を掲げて有機農業をされている農家。
東京で食品会社に勤務していましたが、添加物の多い食品に対し、「子どもたちに食べさせていていいのか」という疑問を抱くように。
そして、子どもたちの健康を作るために、就農を決意し、京丹後市に弥栄町にて新規就農。
それから約20年。現在は、約4haの畑で、有機農業を志す若手の研修生とともに、年間約150種類の野菜をすべて有機栽培。

壹岐健一郎

壹岐 健一郎

Iki Kenichiro

有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
代表取締役 プロデューサー
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン代表理事

近畿日本ツーリスト退社後、循環型社会の構築の一翼を担うために、2000年春「リボーン(REBORN=蘇る)」を設立。天ぷら油リサイクルバスによる都市と農山漁村交流エコツアーやカーボンニュートラルを意識したボルネオ、ニュージーランド、ヨーロッパ環境先進国などのライフスタイル体験ツアーを運営。エコツーリズム・プロデューサーとして活躍中。

オーガニックフードマイスター講座への受講申込

お申し込みいただきましたらお振込の案内をさせていただきます。お申し込みの確定はご入金の確認後とさせていただきます。
ご入金確認後受講票をお送りいたします。

※ご入金のキャンセルはご遠慮いただいておりますのでご了承ください。
※やむをえず欠席される場合は、次回以降に振替受講をお願いいたします。
※受講料の払い戻しには応じられませんのでご注意ください。