Non Profit Organization of Grain’s Initiative

GIAHS Study tour

今こそ、何を
SDGsすべきなのか?

観て、聴いて、ふれあい、絆を結ぶ体験ツアー

今こそ、何をSDGsすべきなのか、を探求する旅です。
大昔から大変な努力を払って“SDGs”してこられた貴重な遺産を、その遺産を守ってきた人々を、この目で観て、聴いて、触れて、心を通わせ合い、絆を結ぶ。そして、もちろんおいしくいただく。

そんなスタディーツアーで、 あなたのSDGsをアップデートしていきましょう!

第一回ツアーについては動画での説明をご覧ください。

What’s GIAHS ?

世界農業遺産(GIAHS)とは?

Globally Important Agricultural Heritage Systems

社会や環境に適応しながら何世代にもわたり 継承されてきた独自性のある伝統的な農林水産業 と、それに密接に関わって育まれた文化 、ランドスケープ及びシースケープ、農業生物多様性などが相互に関連して一体となった、世界的に重要な伝統的農林水産業を営む地域(農林水産業システム)であり、国際連合食糧農業機関(FAO)により認定されます。

 

Study tour 01     3/31-4/2
世界農業遺産を巡るシリーズツアー 01



A.  阿蘇熊本空港発着 3日間コース(2023.3/31-4/2)

参加費:お1人様 66,000円(税込)定員:14名(ご希望が多い場合は追加6名)

B.  途中参加 2日間コース(2023.4/1-4/2)

参加費:お1人様44,000円(税込)定員:6名(1日目の熊本空港から集合場所までは高速バスをご利用いただきます)

C. オンライン参加 3日間コース(2023.3/31-4/2)

参加費:お1人様15,000円(税込)定員:20名

●費用に含まれるもの:阿蘇熊本空港集合から解散までの交通費(貸切バス代)、宿泊費(2泊4食)、昼食代(3回)、特別プログラム参加費(3日間)、保険
●宿泊先 1泊目:高千穂 古民家民宿「神楽の館」(小さな施設を貸切で使用します。部屋は3〜6名の定員利用で、最大14名まで。それ以上になった場合は別の民宿に宿泊いただきますが、全員夕食と神楽鑑賞は神楽の館でお済ませいただきます。) 2泊目:山都町 「道の駅そよ風パーク」(キッチン付きコテージを各棟4名で利用します。追加料金で個室を利用できます。)
●費用に含まれないもの:集合解散前後の交通費、上記参加費以外の個人的費用(飲み物代、お土産代、個室使用料など) ただし個室のご希望は確保できない場合もありますので予めご了承ください。 本企画は通常の観光ツアーではなく、上記テーマを達成することが目的のスタディーツアーです。
※大和田順子氏(同志社大学教授)須川一幸氏(内閣官房 地域活性化伝道師)野口慎吾氏(環境共生学博士)をはじめ多くの地元愛の強い有志のご協力により本企画は実現しました。尚、できるだけ直接「見る、聞く、話す」機会を盛り込んでいますが、変更になる場合もあることを予めご了承ください。
3月31日(金)
阿蘇熊本空港発着
3日間コース
START
  • 11:00
  • 阿蘇熊本空港(集合)
  • 13:00
  • 高千穂「おたに家」(昼食・見学)棚田を眺めながら中山間地域の穀物農家とお話しします。
  • 15:00
  • 天岩戸神社
  • 17:00
  • 古民家民宿「神楽の館」(宿泊 ※定員14名、追加希望者は6名まで近くの民宿で分宿となります)。 夕食:囲炉裏を囲んで伝統食(だご汁、お煮しめ、かっぽ鳥、棚田米のおにぎり等) 夜神楽:神楽の館での夜神楽鑑賞 関係者の方々との懇談、高千穂の歴史文化を味わうことができます。 ※人数が14名以下の場合は高千穂神社での観光用の神楽の鑑賞にでかけます
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    高千穂「おたに家」
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    古民家民宿「神楽の館」
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    夜神楽
    4月1日(土)
    途中参加
    2日間コース
    START
    五ヶ瀬ワイナリーで合流
  • 09:00
  • 高千穂「あまてらす鉄道」
  • 11:00
  • 五ヶ瀬ワイナリー(昼食・見学)
  • 13:00
  • 五ヶ瀬「宮崎茶房」茶畑を前に釜炒り茶づくりを体験します。 蘇陽峡、通潤橋
  • 15:00
  • 山都町棚田復興プロジェクト 阿蘇山によって生み出された豊かな水系を農業に活かしたシステムと歴史を見聞します。
  • 17:00
  • 道の駅そよ風パーク(宿泊・キッチン付きロッジ) 夕食:有機のメッカ山都町のジビエと有機農産物の特別仕入によるオリジナルレシピ夕食会/懇親会
    通潤橋
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    五ヶ瀬「宮崎茶房」
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    五ヶ瀬ワイナリー

    4月2日(日)

  • 09:00
  • 幣立神社、高森千本桜、南阿蘇村役場、道の駅 あそ望の郷くぎの 等
    南阿蘇GIAHS関係者訪問南阿蘇GIAHSお薦めの食事と買い物
    ※生粋の農家出身の吉良清一村長はじめ地元の有志にもお話を伺います。
  • 16:00
  • 阿蘇熊本空港(解散)
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    白川水源
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    南阿蘇の草原とあか牛」
    世界農業遺産を巡るシリーズツアー
    町古閑牧野の野焼き
    ※ハーフコース参加者は2日目の五ヶ瀬ワイナリーで合流 ※オンラインコース参加者は「 」印の箇所からのライブ配信をご覧いただけます(天候通信状況により変更あり) ※掲載写真はイメージです。本ツアーでは見れないこともあります。

    お申し込み・
    お問い合わせは

    旅行企画・実施:株式会社旅倶楽部
    受託販売・運営:有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>(SDGsツーリズム プロデューサー:壹岐 健一郎) 詳しい旅行条件、申込方法などはホームページでご確認ください。お問い合わせはホームページの「お問い合わせフォーム」より承ります。

    シリーズツアー
    今後の予定

    2023年 
    3月31日~4月2日
    5月  
    6月   

    7月15~16日
    9月    
    11月25~26日
    2024年
    3月


    熊本県阿蘇地域 「阿蘇の草原の維持と持続的農業」【世界農業遺産(H25)】
    (京丹後農体験  現在のTEIKEIシステムの強化)
    日帰り 梅拾い、みなべ・田辺地域 「みなべ・田辺の梅システム」【世界農業遺産(H27)】
    滋賀県琵琶湖地域「森・里・湖(うみ)に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システム」【日本農業遺産(H30)・世界農業遺産(R4)】
    金沢大地、石川県能登地域 「能登の里山里海」【【世界農業遺産(H23)】
    宮城県大崎地域 「『大崎耕土』の巧みな水管理による水田システム」【日本農業遺産(H28)・世界農業遺産(H29)】

    静岡県掛川周辺地域 「静岡の茶草場農法」【世界農業遺産(H25)】
    静岡県わさび栽培地域 「静岡水わさびの伝統栽培」【日本農業遺産(H28)・世界農業遺産(H29)】