What's New グレインズ・イニシアティブ最新情報

おしゃべりクッキングのご報告

2月27日(日)にクレオ大阪東でCC'Cookingの資格取得講師(全てグレインマイスター)による「おしゃべりクッキング<ひな祭りフルコース>」が行われ、そのアシスタントとして参加してきました。その模様をお伝えします。

講習が始まり調理デモを見た参加者の方達は「ふ~ん、なるほどね」「そうすればいいのね」と言われていますが、いざ始めるとなると“初めて経験する調理法”ですから「これはどうしたらいいの?」「あれ!?間違えてこっちの材料使っちゃった!」と大騒ぎです。新しく材料を計量して持っていってあげたり、作り方をもう一度教えてあげたり、調理を手伝っているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。最終的に各テーブルで料理が完成したのは2時過ぎです。
個人的には下準備、講習中、調理実習中、もっと手際よくできたのではないか?レシピをちゃんと把握しておくべきだった、グレインマイスターでもある僕は、色々と反省する事が多いですが、今後1つ1つ課題に対処していきたいです。

さて、今回の「おしゃべりクッキング」のコンセプトは「台所にある余り食材を使った節約料理」でした。
ですが料理内容は「大豆のミートローフトマトソース添え」「ケチャップライス」「山芋のすいとんスープ」「豆腐ドレッシングでいただくサラダ」「フレッシュフルーツwithヨーグルトソース」「ひな祭りのケーキ」とかなり豪華な内容。玄米、玉ねぎ、大豆、トマト、寒天、豆腐、果物・・・確かに台所にある食材ですが、使っている材料は安全な食べものネットワーク オルターの一級品です。講師の先生方にとっては料理研究家としてのデビューであり、まだ不慣れであるためとはいえ、参加費が1,000円なのは「安い!」と感じました。
それは会員の方も思われたのか、「こんなに食べられるとは思わなかった」「想像していたのと違って豪華」「とても美味しかった」と言われていました。おいしい理由は、「食材自体がおいしいこと」「だし用の昆布や鰹節、干し椎茸をたっぷりと使用すること」「甘味のためにはドライフルーツをたっぷり使用すること」。これらのポイントで料理の味が格段に変わってきます。材料は余すところなくフル活用し、おいしく食べるノウハウを教えているのがCC'Cookingです。

てんやわんやの「おしゃべりクッキング」初体験でしたが、
最後に参加者の方の感想を一部載せておきます。
「思ったより簡単でした。家でも取り入れていきたいです。」
「野菜が多く摂れるのが良いと思いました。」
「乾燥重量と浸水後の重量と分けて記してほしいです。」
「サラダ(生野菜)ばかりなので、茹でた野菜などを加えるとより良いのではないでしょうか?」
「日常に取り入れやすいと思う」

初めての事で緊張したり、慣れないこともあったと思います。
講師の先生方、そしてアシスタントの皆さんお疲れ様でした!

垰田昌宏
(大阪大学・外国語学部 インドネシア語科 4回生/
 グレインマイスター/NPO法人 グレインズ・イニシアティブ 研修生)